自由メニュー

毎日献立を考えるのはとても大変なので、名古屋養育院の栄養士さんに考えて貰っていますが、学校が休みの日の献立は子どもたちと相談しながら考えています。

子どもから今晩はたこ焼きがいい!と一言。

それならと、今日は6年生の子がリーダーになって夕食の材料を調べて買い物へ出かけます。

どれぐらいの量がいるかな、値段が高いだとか安いだとかと子どもたちが相談しながら一番年下の子の意見も聞きながら上手に買い物をしてくれました。

下準備はできるだろうか、焼くのも難しいかなと思いましたが、6年生の子が年下の子たちと楽しそうに準備して焼き上げてくれました。

よくよく考えれば南風の子どもたちは自分たちで考えて行動できる子たち。

18時から焼きだしてワイワイ食べていたらいつの間にか20時。

片付けをしながらもう食べられないと満足そう。

子どもたちは楽しすぎてはしゃいでいて、普段はもう少し行儀が良いかな?とも思いましたが、学校の事や日々の生活の話などもできて、子どもたちの成長を感じました。

子どもが自発的に考えてい行動することが食育に繋がったかなと思っています。

日々の生活の一つひとつが子どもたちの学びに繋がり、子どもの成長に繋がるよう今後も努めていきたいと思います。

エントリーする

関連記事

コメントは利用できません。

お知らせ

  1. 新型コロナウイルス感染症に関する多目的ホール及び和室の貸出中止について
  2. 年始のご挨拶
ページ上部へ戻る